« January 2010 | Main | March 2010 »

ネガティブでも良いじゃん!

コーチでカウンセラーでもある私が言うのもなんですが

ネガティブでも良いじゃん!

ゴールに到達するためには、常に前向きに考え
ゴールを意識して、夢を見続ける事が大切だ。
その為に常にポジティブシンキングが大切だ。

その通りです。

しかし、世の中にはどんな時でもポジティブに考えて居られない時
だってあります。
人は安全に暮らすという大きな欲求があります。
その為に変化に対しては常に保守的です。
なにも変わらない事が一番安全だと考えるからです。

そして人はネガティブな考えから抜けられない人もいます。
そんな人にこそ、言いたい。

ネガティブでも良いじゃん!

だって人はそう簡単には変われないんだから。
そこで、ポジティブに変わろうとか、
ポジティブじゃなければならないとか思わない事。
焦ってもがけばもがくほど、苦しくなるから。

まずは、その状態を受け容れようよ。
ネガティブな自分をまず認めよう。
そして、そのネガティブの正体を見極めてみましょう。
ネガティブになる理由は必ずある。
とことん突き止めて、ネガティブの正体を暴いてやろう。
そうすることで、不安はなくなります。
不安とは正体が見えない事。
それが一番不安になる元なのです。

どう?
これだけでも少し楽になったんじゃない?
さあ、次はこの正体から可能性を見つけてみようよ。
この正体には沢山の可能性が秘められています。
だって、このネガティブの正体こそが改善策になるのです。
ネガティブの元、これがある事によって守られているもの。
逃しているチャンス。
それは何?

そして、この改善策を得られて、出来る行動は何?
やめる行動は何?

さあ、あなたのネガティブにはどんな可能性が秘められていますか?

Postcard2


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

失礼ですがという、失礼な電話

相手先に電話をして、担当者に取り次いでもらう時、
こちらの名前を確認するために使われる言葉
「失礼ですが・・・・。」
って、失礼ですがなんやネン?
失礼ですがと、途中まで言っておいて、
何をあなたは待っているの?

失礼ですがと言えば、相手が名前を名乗るのが
当たり前とか思って、あなたは待っているのだろうか。

言葉は最後まで言わないと伝わらないし、
それこそ、失礼じゃないですか。

そんな時には、きちんと自分の名前を言った後に
「失礼ですが、お名前をお聞きしてよろしいでしょうか」
と最後まで言って欲しいですね。

J0284898

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村


相手の目を見てしっかりと聞くような事はしない

相手の話をしっかり聞くために、
しっかりと相手の目を見て話を聞く。
これって、当たり前のように言われていますが、
しかし、どうでしょう。
聞かれている側からすると、結構プレッシャーを感じませんか。
人は10秒以上、目を見つめられると不安になるらしいです。
一語一句とも聞きもらすまいと必死に相手の目を見ていると
聞く側の眉間にしわが寄ってきて、結構怖い顔になったりします。
そんな顔で聞かれても、話している側はだんだん心の蓋を閉じてきます。
話しを聞くときは一点だけを見つめないで、
顔全体をなんとなく眺めてみてください。
どこか一点だけを見て、この人は何を考えているのだろうと
言う風に見ると、
聞かれる側はなんだか詮索されているような感じにすらなります。
聞く側の顔の緊張を解きほぐし、柔らかい表情で相手の顔全体を
眺めていてください。
その方が相手は話しやすいですよ。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

名刺は両手で渡さない。

初対面の相手との名刺交換、ビジネスシーンで必ず行われる事ですね。
名刺を差し出す時は名刺を持った右手に左手を添えてフルネームを
言いながら渡す。
そして頂くときは両手でおしいただく。出す順番は年少の人が先。
ですが、いつもそうとは限りません。

先日、相手先に届け物を届けた時の話です。
A君はお届け物の紙袋を持っていて、
その紙袋を渡す前に、名刺交換となりました。
常に名刺を両手で渡すのがマナーと思っているA君。
紙袋を地面に置き、名刺を両手で渡した。
当然、この地面に置かれた紙袋。
相手に渡すものです。
地面に置かれた紙袋。
渡された方は、あまり良い気がしません。

そんな時は一言
「片手で失礼いたします」
と言って渡せば済む事です。

持ち物が自分のものであれば、問題はありませんが、
相手に渡すものを地面に置くと言うのはあまり感心できる話ではありませんね。

それから、名刺を忘れたり、大勢の人と会うことになって、数が足りなくなった時。
みなさんはどうしていますか。
そんな時は正直に
「すみません、あいにく名刺を切らしてしまいました。」
と言いましょう。
そして、この時をチャンスとして活かしましょう。
後日、手書きの郵便で名刺をお送りしましょう。
汚い字でもOK。
丁寧な気持ちは通じるものです。
返って、印象に残るものですよ。
ピンチはチャンスと思って活かしてみてください。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

ビジネスマナーの落とし穴

あなたは自分の第一印象に自信がありますか?

この質問に
「いいえ、あまり自信がありません」
と答えたあなた。
大丈夫、それは普通です。
ほとんどの人が第一印象に自信がないと言っています。

では
「はい、大丈夫です。自信があります」
と答えたあなた。
素晴らしい!
きっと常に第一印象を上げるために常に気を使っていらっしゃる方だと思います。

しかし、次のような事があるのをご存知ですか。

1 どんな時でも「名刺は両手で受け取るのが礼儀」を実践していたら、それが相手の気分をこの上なく害した。

2 誠心誠意、相手にこたえようとして相手の目をじっと見て話していたら、睨んでいると思われ失礼なやつだと言われた。

3 電話を受けた相手の名前を確認するために「失礼ですが・・・」と相手が名前を言うのを促してじっと待っていたら、その気遣いが返って無礼だと思われた

このように自分の考えている事と、相手が感じる事が同じでない事が起こりうるのが人生です。
相手がそう思った以上、仕方がない事です。
相手の感情をコントロールすることは出来ないのですから。

「過去と他人は変えられない」

その事はしっかりと頭の中に入れておかないと
後でがっかりしてしまいますからね。
がっかりするだけでなく、折角、第一印象を上げるために
日々努力していた事を、くよくよ悩んでしまって、
「もう第一印象なんてどうでもいいや」
などと投げやりにならないでくださいね。

第一印象はとても大事です。
人間は他人を評価をし、レッテルを貼る事で、
安心、安全を確保する動物です。
だからこそ、第一印象を上げる事は
とても大切なことなのです。

では、第一印象を上げるためにどうしたらいいのかは
次回に。

J0431730


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

上手な反省の仕方

人は失敗をします。

そして反省をします。

いつまでもくよくよしないために

1 事実と解釈を分ける

2 変える事が出来ない、過去はあきらめる

3 この失敗をどう活かすか考える

この3点を考え、前向きに生きてみてください。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

自分の夢を分析してみる

皆さんは夢を見ますか?
おそらく、夢を見ないと言う人はいないと思います。
もし、いらっしゃったとしても、その人は夢を覚えていないだけだと思います。
そこで、せっかく夢を見るのですから、
その夢を分析してみませんか。
きちんと夢を分析するには、心理学の知識が必要ですが、
今日は、簡単に自分の夢を自分で分析する方法を、教えます。
まず、見た夢をきちんと細部にわたるまで思い出す。
そして、紙に書き出してください。
これ以上、思い出せないくらい、時間をかけて思い出してください。
夢の中の出来事や登場人物、背景など紙に書いてみてください。
そして、その出来事や、人物、背景などから連想される事を
自由に書き出してください。
次に、その連想に基づいて、夢の中の事と実際の経験などを
対応させてみてください。
時には思い出したくない事でも、ちょっと頑張って思い出してみてください。
連想される事は、全てあなたの事です。
なにか、思い当たる事が、きっとあるはずです。
そして最後に、出てきた結果を率直に受け止め、自分の心と向き合ってください。
あるがままに。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

嘘をつく人の特徴

嘘を見破る方法って知っていますか?
みなさん、なんとなく分かりますよね。
どことなく、落ち着きがないとか、
挙動不審だったり。
で、嘘を見破る方法は、自分が嘘をついている時に
どんな行動を取るか、考えれば良いんですよね。
ポイントを2つに絞ってみました。
話し方としぐさです。
まず話し方
・結構早口になる。
・相手の話を聞かずに、相手への言葉の反応が速くなる。
・「あのー」「そのー」が多くなる。
しぐさとしては
・手を隠そうとする。
・手で顔を触る。
・足を組んだり、貧乏ゆすりが出る。
嘘をついている人は、間が嫌いです。
話している間、無言状態が一番怖いのです。
だから常に話している。
顔の表情を見られたくないので、顔を隠したり、手を隠したり。
やはりどこか落ち着きがないので、しょっちゅう足を組みかえたりする。

と、こんな事を知っている嘘つきは、この逆をすればいいのです。
眼を見てしっかりと話す。
相手の話をきちんと聞く。
その場しのぎの事は言わない。
正々堂々として、手のひらを見せる。

どうですか?
できそう?
私、一度だけ、セミナーの中で試してみた事がありますが、
余計に手に汗をかいてしまって、
すぐ見破られました。

どうせ見破られる嘘。
嘘はつかない方が得ですね。

Photo


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

4月以降のセミナー予定

4月以降、セミナー開催に力を入れたいと思います。
現時点での予定です。

4月11日「表現力アップ講座」
5月23日「森田療法を学ぶ」
8月21日「なりきる力」

内容は未定ですが、こんなところを考えています。
6月、7月は空いています。
みなさんのところでいかがですか?
内容は相談に乗りますよ。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

競争心

勝つことに執念を抱き、それをモチベーションとする

いわゆる「競争心」を強みとする人だって居る。

そして、最も倒さなければいけない相手は

他人でなく、自分の中にあること。

それを忘れないこと。

それが大事である。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

自分史を書く(3)

少し日にちがあきましたが、
自分史を書くワークは進んでいますか?
幼少時代から今にかけてあなたが歩んできた人生、
どんな事がありましたか。

そしてその中で
成功した事は何ですか?
その成功要因はなんですか?
失敗した事は何ですか?
その失敗要因は何ですか?
そこから学んだ事は何ですか?

そして今も続けているものは何ですか?

あなたの才能は何ですか?

今、欲しいと思う才能は何ですか。

それが手に入った時、あなたの才能はどんな人に役立たせる事が出来ますか?

さあ、少しあなたの課題とゴールが見えてきましたか?

それでは是非コーチングの扉をノックしてみてください。
お待ちしています。

申し込みはこちら

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

音読のススメ

先日、詩を読んでいました。
オライア・マウンテン・ドリーマー「招待」
とってもいい詩ですね。
友人に進められてので
私も画面をスクロールしながら読んでみました。
私は、詩を声に出しながら読むと言う事を良くやります。

読み進むうちに自然と涙がこぼれ落ち、
読む声は涙声、鼻水たらたら、
私は、感動しているわが姿を
恥ずかしさもなく、ただ詩の持つ意味とスピリットを体中で感じていました。
自分の感情をそのまま受け入れ、
あるがままに。

初見で声を出して読むと言うことを私は良くやります。
それは、文章に目と声が出会った瞬間に生まれる感情。
この感情を楽しむ為です。

俳優はこの感情を表現に変え、観客の感動を促します。
普通の人でも、自分の感情をきちんと表現することで、
他人の心を動かすことが出来ます。

昨今、自分の気持ちをうまく伝えられずに、
いや、伝える方法を知らずに
いきなり「キレル」という行動に出るようです。

自分の感情をきちんと受け入れ、それを表現することって大切ですね。
自分の感情をきちんと受け入れ、「これで良いんだ」と思える心
それを大切にしたいと思いました。

Back_g08

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

自分を癒す

毎日仕事をしている自分。
ご苦労様です。
そんな自分をたまには癒してあげたいと思い、
昨夜、カウンセラー仲間に頂いたバスソルトを使ってみました。
死海の塩ですから、それだけで効果がありそうですね。
入浴6分前に塩を入れると書いてありました。
この6分前というのも、なんだか意味がありそうで、
ついつい期待してしまいます。
そして投入後6分をまって、いざ入浴。
効き目を最大限に出そうと思い。
身体を綺麗にしてから入浴。
塩と言うぐらいだからしょっぱいのかと思ったのですが、
そんな強く感じるほどではありません。
なんとなくしょっぱいかなと、言うぐらい。
で、じっくり湯船に浸かっていると、なんだか身体中の力が
抜けていくのが分かりました。
なぜだか分かりません。
肌にあたる感触もとても柔らかい。
なんだか、とってもリラックスしました。
湯船の中でウトウト。。。。。。
気が付いたら30分。
普段、30分も湯船に入っていられないのに、なんと30分も。
いやあ、身体中の疲れがどっと、出ました。
そんなに疲れていたのかと再認識。
バスタブから出て、ノニジュースで水分補給。
だるさが出て、すぐ就寝。
ぐっすり寝られました。
いつもは4時30分くらいには起きるのですが、
流石に疲れていたのか、今朝は7時まで寝てしまいました。
お陰で、疲れが取れて、とっても癒されました。
恐るべし、バスソルト。
そして、このバスソルトと癒しの時間を私に送ってくれた仲間たち、

ありがとう heart01


ちなみに画像はネットから拾ってきたもので家のお風呂ではありません(笑)


Del_twin_bath


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

自分史を書く(2)

昨日の自分史を書く(1)では
幼少時代から小学生時代、中学、大学、社会人と
時代に沿って、自分がどんな体験をしたのか、
その時、どんな気持ちになったのかを書いていただきました。
そして、その体験からどんな事を得て、どんな成長があったのかを
棚卸してみましたね。
みなさん、どうでしたか?
結構、色々な体験をして、様々な事を学んできましたよね。
まずは、そんな自分を誉めてあげてくださいね。

自分を自分で承認してください。

だって、こんなに沢山の経験をして、大変な事も乗り越えて、
今日ここに頑張っているのですから。

あなたが好きだった事は何ですか?

あなたの得意だった事は?

やり遂げた事は何ですか?

先ほど、書き出した事から思い出してください。

今日はここまで。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

自分史を書く(1)

先日、自分の人生を舞台にのせてみる、
というワークをご紹介しましたが、
今日は自分史を書くという堀口ひとみさんのワークをご紹介してみようと思います。

自分史というものは結構大作になるかも知れませんが、
あまり肩肘張らずに、自分の映画を見るような気持ちで
取り組んでみてください。

幼少時代の自分についてどんな体験がありましたか。

小学校時代は

中学時代は

高校時代は

大学時代は

社会人20代のころは

社会人30代のころは

色々な体験があったと思います。
そしてその体験は成功も失敗もあったと思います。

そこでその成功や失敗の経験の中で、何を学んだのか。
その時、どんなモチベーションの種があったのか。
そして、今考えるとどんな成長があったのか。

よ~く、考えてください。
出来れば、紙に書いて、その時の気分を味わってください。

そして、自分に
「お疲れさまでした」
と、ねぎらいの言葉をかけてあげてください。

そして、その後、質問をさせてください。

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

20代に戻れたら

先日、原因は未来にあるという話をしましたが、

それに則って、質問を考えました。

「今の知識をもって20代に戻れたら、何を始めますか?」

知識を持っているという原因を活かして、

過去では何を始めるのか、という質問です。

ひょっとしたら、行動に移せない本当の理由が分かったりしませんか。

そして始める勇気が得られると思いますよ。


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

店は舞台

先ほど、テレビを見ていたら一風堂の社長、河原成美さん(57歳)が出ていました。
一風堂と言えばラーメン界の大御所。
http://www.ippudo.com/
今では年商82億を稼ぐ、素晴らしいお方だ。
河原社長は昔は漫画家志望、その後役者志望、スーパーマーケットに就職するも2年で退職。
22歳でレストランバーの経営を試みる。
その後33歳、博多の片隅で「一風堂」第1号店を開店した人だ。
河原社長のこだわりは店全体にある。
店内はアート感覚満載のインテリア、JAZZが流れるおしゃれな店構えで、まさに舞台そのもの。
店のどこをとっても、それは見せるためのもの。
一切の手抜きはない。
清潔さを保ち、見せる工夫を怠らず、演出を加えている。
「俺たちはラーメンを作ってるんじゃない、ありがとうを作っているんだ」
と、メニューにラーメンの文字がないのも、その理由からだ。
赤丸かさね味、白丸元味
お客様は、それぞれの味に興味が湧き、店員に尋ねる。
「これって、どんな味ですか?」
店員はそれに丁寧に応対する。
顧客と店員とのコミュニケーションがそこに生まれる。
顧客は店員とのコミュニケーションを含め、味の美味しさに
自然と出てくる感動、そして「ごちそうさま」の言葉。
「店は舞台、我々は一風堂という劇団なんです」
最後に河原社長の言葉が印象的でした。
Img_akamaru
Img_shiromaru_2

にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

自分の人生を舞台にのせてみる

もし、自分の人生を舞台で上演するとなったら、
どんな舞台にしますか?
題名は何にしましょうか。

今日私は、セルフワークに取り組んでいます。

今、上演されている舞台の主役はあなたです。
舞台の中央にあなたがいます。
今、あなたはどんな役を演じていますか。
もしくはどんな役割を担っていますか?
主婦?部長さん?受験生?
そんなあなたを見守っているのは誰?
その人は舞台上にいますか?
袖?それとも客席?
今の役を演じるにあたり、どんな人生を歩んできましたか?
その人生で、あなたはどんな経験をし、何を身につけてきましたか?
忘れてしまいたい過去は舞台倉庫にしまっておきましょう。
今の役が出来るのは、自分のどんな経験があったから?
そして、次のステージに上がるために、スタンバイしているあなたは
リハーサル室にいます。

そして、全てを見守っている、監督はあなた自身です。

自分の役を棚卸をすることで、色々なものが見えてきます。

こんな風に今の自分を舞台の上にのせる、
そんなワークをやっています。
紙に書いても良いし、パワーポイントで作成しても良いし、
人形を使って、立体の舞台を作っても良い。
あなたがしっくりくるやり方で、作ってみてください。

1


にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
にほんブログ村

« January 2010 | Main | March 2010 »